抑毛ローションには「毛を薄くする」と言われていますが、「薄くなった」という口コミはありません。その理由に、抑毛ローションに含まれている成分の効果が発揮されるまで時間がかかるからです。早くても1ヶ月はかかるため、実感力にかけます。

抑毛ローションは意味ない

yokumou

抑毛ローションの効果は毛を薄くする成分というより、女性ホルモンを摂取することが目的になります。男性ホルモンの多い男性は女性ホルモンを摂取することで男性ホルモンの分泌を抑えることができます。その結果「毛が薄くなる」効果が期待できます。しかし、逆に日々の日常で男性ホルモンの分泌を抑えていないと効果の実感は薄いです。

抑毛ローションに効果はあるの?

抑毛ローションは「毛を薄くする」という効果は期待できます。どの成分にも大豆のイソフラボンや女性ホルモンと似た働きのある成分を配合しています。従って全く効果が期待できないわけではありません。しかし、体外からの摂取には限界があり塗ってもすぐに効果が現われるわけではありません。女性ホルモンを摂取しすぎると逆に、男性らしさを失われる危険性もあります。そのため、あまり多く配合できるものではありません。

女性らしい毛の薄い体を目指す

男性の髭が濃いのはホルモンの影響していることが1番です。女性にも髭はありますが、濃い髭が生えることは可能性として低いです。抑毛ローションをずっと髭に塗り続けることでその肌の女性ホルモン量を増やすことに最適な方法化もしれません。しかし、イソフラボンの効果は薄く体内の男性ホルモンの生成に間に合っていない状況になります。

また、女性に近づき過ぎると男性でも胸が膨らんだり、体に丸みが帯びてきます。ここまで体に変化が出るまで摂取しないと「髭が薄くなった」という実感力を得ることはできないでしょう。

抑毛ローションより間引き脱毛

最近では「全ての髭を脱毛するのが少し・・・」といった方用に、髭をところどころ残した間引き脱毛があります。髭を少し残すことで薄くなります。毛の太さを変えることはできないため、1本1本の太さは同じです。伸びてくると処理しないとだらしなく見えがちです。現在の口コミを見ても「抑毛ローションで毛が薄くなった」ということがないことからも、毛を薄くする実感がほしいなら間引き脱毛が手っ取り早そうです。