抑毛ローションは効果が出るまで早くても2ヶ月はかかります。抑毛ローションは女性ホルモンと同じ働きがあり、摂取していくことで男性ホルモンの分泌を抑制します。髭は男性ホルモンによって濃くなっているため、分泌が抑制されると薄くなります。

抑毛ローションの効果は最短2ヶ月

jikkan

抑毛ローションはすぐに効果がでることはありません。最短でも2ヶ月は必要で、その効果には個人差があります。今回は抑毛ローションを使いながら効果を最大限に引き出す方法を紹介します。

男性ホルモンの分泌を抑える

抑毛ローションのほとんどは女性ホルモンと同じ働きを持つ、大豆イソフラボンを体外から摂取することから始まります。どの抑毛ローションにも成分内にイソフラボンが配合されています。そのため、抑毛ローションを使っている間は極力男性ホルモンの分泌を抑えましょう。

男性ホルモンを抑える方法は以下の行動になります。

  • 筋トレをしない
  • たんぱく質や脂質の多い食品を控える
  • ストレスを受けないようにする

筋トレをしない

人間は筋トレをすることで男性ホルモンが分泌されます。体が「男らしい体にしないと」と反応するため、男性ホルモンの分泌によって筋肉を発達させます。過度な筋力トレーニングは避けましょう。ランニングやウォーキングなどの有酸素運動であればそこまで影響はありません。

たんぱく質や脂質の多い食品を控える

男性ホルモンは食べ物からも刺激を受けて、分泌を過剰にします。肉や乳製品はたんぱく質を豊富に含んでいます。また、油ものは脂質を含んでいます。どちらも、男性ホルモンの分泌を抑制するためには控えておきましょう。1日の摂取量の目安はたんぱく質は体重×g以内に抑えておきましょう。

ストレスを与えないようにする

ストレスには精神的ストレスと肉体的ストレスがあります。精神的ストレスは働いている方は避けることは難しいですが、睡眠不足や偏った食生活は自分で防ぐことができます。なるべく毛を薄くしたいなら、ストレスを体に与えないようにしましょう。

抑毛ローションの実感力

抑制ローションの実感力は正直なところ低いように思います。途中経過を写真で撮ってみることで変化がわかるかもしれません。しかし私の感覚からいうと間引きで脱毛したほうが髭を確実に薄くするように思いました。また人の感覚によってど「薄くなった」という感覚が異なります。